埼玉県志木市、柳瀬川駅すぐの皮膚科・美容皮膚科

048-458-3956 受付・診療時間はこちら[休診日:日・月]
お問合せ
web予約はこちら

一般皮膚科・心療皮膚科General dermatology / Cardiovascular dermatology

患者様お一人おひとりのお悩みやお肌の状態に合わせて、
最適な治療を提案いたします。お気軽に、ご相談ください。

 

一般皮膚科

{ 主なお悩み }
湿疹・皮膚炎/アトピー性皮膚炎/じんましん/かぶれ/にきび/
水虫/イボ/とびひ/ほくろ/魚の目/タコ/ケロイド/やけど/擦り傷/脱毛症 など

湿疹・皮膚炎
湿疹・皮膚炎
湿疹・皮膚炎
湿疹には種類が様々あり、小さなぶつぶつから、強いかゆみを伴うものもあります。1週間以上症状が続きます。種類によって原因も多数ありますが、放っておくと長引きます。原因としては、石鹸などの軽度の刺激の繰り返しや、毛染め、金属などで起こるアレルギー性のものがあります。治療するにあたっては、間違った外用薬を塗ってしまうと、かえって悪化してしまう恐れがありますので、間違った薬を使用しないためにも、当院へご相談ください。
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎
慢性的にかゆみを伴う皮膚炎です。皮膚が乾燥しがちで、湿疹ができやすく、多くはアトピー要因を持っています。乾燥肌、ほこり、風邪、ダニなどの外的アレルゲンが原因や誘因になることが多く、現在、治療には色々な選択肢があります。適切な治療をきちんと受けることで、症状を抑えることができます。アトピー性皮膚炎は、お肌が乾燥すると刺激を受け、症状が悪化しやすくなります。
● 保湿スキンケアを続ける(お肌のカサカサは悪化リスク)
● 皮膚の炎症には、炎症を抑える外用剤を症状に合わせて用いる
● かゆみに対して、抗アレルギー剤を適宜内服する
以上の3つが治療のポイントになります。
じんましん
じんましん
蚊に刺された後のように、プクっと赤みのある膨疹が、皮膚のあちらこちらに現れて強いかゆみを伴います。ほとんどの場合、1時間から2時間ほどで症状は治まります。原因は食物、食品添加物、薬剤、植物、虫、日光、運動、発汗など様々です。基本的には抗アレルギー剤や内服薬で治療をしますが、補助的に他の薬を処方したり、稀にアレルギー検査をする場合があります。
かぶれ
かぶれ
何かに接触する事によって起こる皮膚炎の事を言います。正式な病名は、接触性皮膚炎といい、原因物質に触れたら誰でも皮膚炎が起こってしまうような1次性接触性皮膚炎と、アレルギーを持っている人だけが生じるアレルギー性接触皮膚炎とがあります。
手荒れ
手荒れ
手指の乾燥、赤み、かゆみ、カサカサしたり、皮膚がめくれたりなどの症状です。亀裂ができたり、小さな水ぶくれがみられることもあります。症状が進むと指の指紋が消えることもあります。手はいろいろな動作で負担がかかりやすい部位です。こまめなスキンケアで手荒れを防ぎましょう。
あせも
あせも
あせも(汗疹)とは、汗を大量にかいた後に皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことをいいます。汗をかきやすい夏に多く、小児に発症しやすい症状です。高熱を出している方や高温環境の下で作業をしている人にも見られます。
オムツかぶれ
オムツかぶれ
オムツをあてている部分が炎症を起こし赤くただれている状態をオムツかぶれといいます。尿や便に含まれるアンモニアや消化酵素の刺激と、オムツと皮膚が擦れる刺激が原因で起こります。尿の回数が多く便が柔らかい低月齢の赤ちゃんに多く、オムツの中が蒸れやすい夏場や下痢の時も要注意です。
乾 癬
乾癬
乾癬では皮膚が赤く盛り上がり、銀白色のフケのようなものが付着し、擦るとポロポロと剥がれ落ちる症状が見られます。全身どこにも出ますが、ヒジ、ヒザ、腰周りなどの擦れやすい部位に出やすいという特徴があります。かゆみを伴うことが多く、掻くことで悪化する傾向があり、爪の変形や関節炎を伴うこともあります。原因は完全に分かっていませんが、遺伝・体質的な要素に、ストレス、食生活、薬剤などの外的要因や、糖尿病、高脂血症、肥満などの内的要因が加わることで発病すると考えられています。
メニューへ戻る
皮膚感染症
にきび
にきび
にきびは、皮脂線から分泌された皮脂が毛穴につまり、毛穴の中で過剰に増殖したアクネ菌が炎症をおこして赤いブツブツができる疾患です。軽い症状を含めると、成人の約90%もの方が経験しているといわれています。自己流の間違ったケアで更に悪化させてしまうケースや、凹凸したにきび跡が残ってしまうケースも少なくありません。にきび跡に対しては劇的に効果のある治療法はないため、炎症がひどくなる前の早い段階から適切に治療することが重要です。
水虫
水虫
水虫とは、白癬菌というカビが皮膚に感染することで発症する疾患です。蒸し暑い環境で悪化し、時に強いかゆみを伴います。足だけでなく、手や爪、頭などに発症する場合もあります。ご家族や周囲の人にうつしてしまう可能性もある疾患ですので、早く適切な治療を開始することが必要です。
手足のイボ
手足のイボ
手足や足の裏にできやすいイボは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言いウィルスの感染により発症します。接触感染により乾燥肌のある子供や皮膚に微小のキズがある場合にウィルスが侵入し皮膚の角化細胞に感染します。感染した部分の表皮が肥厚してイボになります。放っておくと、大きくなるだけでなく、身体の他の部位に増えたり、大勢の人が裸足で歩くプールサイドや公衆浴場の脱衣所などで感染したり、家族内では共用しているタオルやお風呂場の足拭きを介して感染する場合もあります。早めの治療開始をおすすめします。
水いぼ
水いぼ
水いぼはポックスウィルスが皮膚に感染して発症するイボの一種です。主に幼児、小児によく起こります。放っておいても自然に治ることもありますが、長期間治らずに拡大していくケースも多く、その間に水いぼが多発しかゆみを伴い、引っ掻いてさらに悪化させるという患者様も少なくありません。周囲の方への感染も考慮し早めに治療することをおすすめします。
とびひ
とびひ
湿疹や擦り傷などを引っ掻いたりすることにより、皮膚への細菌感染によって発症し、掻きむしった手を介して患部が全身へと移り拡がります。とびひは人から人へとうつる疾患です。夏に小児がよくかかる病気と思われがちですが、大人でもアトピー性皮膚炎の患者様の場合は皮膚のバリア機能が低下しているため、とびひを発症する恐れがあります。皮膚を清潔にして抗生剤の外用・内服にて治療します。
ヘルペス
ヘルペス
単純ヘルペスは、ヘルペスウイルスによる感染症です。皮膚の一部が赤く盛り上がり、その内部に小さな水疱が多数現れ、ピリピリとした痛みを感じることが多く、口唇や口囲(口唇ヘルペス)、陰部や臀部(陰部ヘルペス)に発症します。症状が出るのは初感染の時だけでなく、風邪を引いた後、睡眠不足、強いストレスなどに、免疫で抑えきれなくなったヘルペスウイルスが再活性化し、単純ヘルペスが再発します。治療には、活性化しているヘルペスウイルスに対して抗ウイルス剤を使用します。
帯状疱疹
帯状疱疹
水疱瘡を起こす原因ウイルスと同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって発症する疾患です。水疱瘡は多くの方が子供の頃にかかり、発症後1週間程度で治ります。しかし、治ったといってもウイルスが消滅したわけではなく、体の神経節(神経の細胞が集まった部分)に隠れており、免疫力が低下したときにウイルスが復活します。免疫力が低下する原因には、過労やケガ、大きなストレス、病気、手術、免疫抑制薬の使用、高齢化などがあげられます。免疫力の低下によって復活したウイルスは、皮膚に帯状の水ぶくれをつくります。この帯状の症状から「帯状疱疹」といわれます。
頭ジラミ
頭ジラミ
頭ジラミは人の頭皮に寄生するシラミで、髪の毛に卵を産みつけ、頭皮から吸血しながら生きています。耳の後ろや頭頂部、襟足などで見つかることが多く、髪の毛にしっかりと固着しており簡単には取れない特性があります。頭ジラミは頭髪から頭髪への直接接触で容易に感染します。保育園、幼稚園、小学校などで流行する傾向にあり、頭をくっつけて遊んだり、床に並んで寝たり、枕や帽子、タオルを共有したりすると感染しやくなり、頭を不潔にしているから感染するわけではありません。小児だけでなく大人も、寝具やタオルを共有して使用する家族間などでうつることもあります。治療には専用のシャンプーやパウダーを使用します。その他、枕カバーやシーツ、タオル、帽子や衣類などは熱湯や乾燥機などで熱処理をすることも効果的です。
メニューへ戻る
皮膚のできもの
顔頭のいぼ
顔頭のいぼ
顔にできるいぼは、濃い褐色~肌色のやや隆起したザラザラした病変で、大きさは大小さまざまです。「老人性疣贅」「老人性いぼ」と呼ばれ、皮膚の老化で起こりやすくダメージを与える紫外線や摩擦などが原因の一つとなっています。頭のいぼは、頭皮を掻き過ぎたなどが原因で、頭皮に傷をつけてしまうと、それが原因で出来物やいぼになってしまう場合があります。頭皮は毛穴が非常に多く、身体の皮膚の中でもデリケートなところです。治療法としては、切除、電気焼灼、炭酸ガスレーザー、冷凍凝固などがあります。
ほくろ
ほくろ
ほくろとは、小型の良性腫瘍の一種です。表皮にメラニン色素を生成するメラノサイトが高密度で集まり、黒色斑になります。ほくろの形状は隆起したもの、平らなもの、毛が生えているものなどさまざまあります。治療は基本的に炭酸ガスレーザーや高周波電気メスで蒸散させることが多く、大きいものではメスで切除したほうがいい場合もあります。
たこ
たこ
皮膚の一部が慢性の刺激を受けた周囲の角質層が厚くなり盛り上がっていきます。生活習慣や職業、その人の癖などにより足の裏だけではなく身体のあちらこちらにできます。ペンだこなどがその一種です。
ウオノメ
ウオノメ
足の裏など特定の場所に慢性的な圧力がかかり発症します。患部の中心に半透明の硬い芯ができ、歩行や圧迫時に痛みを生じます。痛みは軽い違和感程度のものから素足で歩くのが困難になるくらいのものまであります。
ケロイド
ケロイド
ケロイドは皮膚が何かのきっかけで損傷を受けた後に発生します。ケロイドは生まれつきの体質からくるものが多いといわれています。一番多い原因は火傷ですが、赤みの強い盛り上がりが特徴で、にきびや手術後の傷跡などが大きくなっていく場合が多いです。また、何もなかった部位に突然出現する「特発性ケロイド」という症状もあります。放っておいても自然に完治することはないので、思いきって治療に踏み切ることも大切です。
粉瘤
粉瘤
粉瘤とはアテロームとも呼ばれ、角質や皮脂といった老廃物がたまって、腫瘍のように大きくなっていく良性の皮膚腫瘍です。通常、痛みはありませんが、細菌に感染してしまうと赤く腫れて化膿することがあり痛みが出てきます。症状がない場合でも、膨らみに気づいたら、無理に圧迫して内容物を排出させることは避け、早めに医師に相談されることをおすすめします。
メニューへ戻る
外傷
やけど
やけど
初期の段階で軽度のやけどに見えても、実は皮膚の深いところまで炎症が起こっていて、時間の経過によってひどくなったりと重症度はなかなか判断が難しいことがあります。また、その後、細菌感染を起こしたり、痕が残ったりすることもありますので、自己判断せずに早めの受診をおすすめします。
擦り傷
擦り傷
擦り傷とは、皮膚が外的刺激で一部剥がれた状態のことを言います。剥がれた深さや、その擦り傷がどれだけ汚れているかで、傷跡の残り方が違います。擦り傷などの場合に泥や汚れが付いている可能性が高いので水道水で十分に流すことが重要です。傷に砂利などが入っていてそのまま治癒した場合、治っても黒い傷跡になることがあります。傷に何か残っていたり、血がなかなか止まらない場合は医療機関を受診することをおすすめします。
メニューへ戻る
脱毛症・円形脱毛症
脱毛症・円形脱毛症
脱毛症・円形脱毛症
毛髪は正常な状態でも毛周期と呼ばれる一定の毛髪サイクルを保ちながら、抜けては生えるを繰り返しています。何らかの原因で毛髪の抜け落ちる量が多くなる状態を脱毛症といいます。脱毛症には、前頭部や頭頂部の毛が抜けて薄くなる男性型脱毛症(AGA)や、部分的に丸っぽく抜けてくる円形脱毛症など、様々なタイプがあります。脱毛が起きる原因や毛包(実際に毛髪をつくる部分)がどの程度壊されているのかなど幾つかに分類されます。脱毛症の種類によって脱毛の仕方が異なります。当院では、採血などの原因検索も行い、脱毛症の種類を診断した上で治療にあたります。男性型脱毛症(AGA)では内服治療が効果的です。
メニューへ戻る

心療皮膚科(保険診療)

※木曜日午後は心療皮膚科予約制となります。
初診は1時間以内、再診は20分前後の十分な時間枠で対応します。
心理テストを適宜行います。保険診療内での治療となります。
料金例はこちら

心療皮膚科とは、ストレスと関連する皮膚疾患を治療するところです。
皮膚は心の鏡と言われるように、ストレスとお肌のコンディションはつながっています。
ストレスで肌荒れがおこることを経験する方も多く、美容と健康にストレスコントロ-ルは重要です。
ストレスは、アトピー性皮膚炎、じんましん、脱毛、にきびなど
皮膚の症状を引き起こすキッカケとなり、長びく原因となることもあります。
当院では、心療皮膚科の予約枠の中で、十分な時間をかけてお話を伺い、
心身医学的なサポートを合わせて行ってまいります。

主な疾患

※これらの皮膚疾患がストレスになって、不安や鬱状態になることなども対象になります。

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎
慢性的にかゆみを伴う皮膚炎です。皮膚が乾燥しがちで、湿疹ができやすく、多くはアトピー要因を持っています。乾燥肌、ほこり、風邪、ダニなどの外的アレルゲンが原因や誘因になることが多く、現在、治療には色々な選択肢があります。適切な治療をきちんと受けることで、症状を抑えることができます。アトピー性皮膚炎は、お肌が乾燥すると刺激を受け、症状が悪化しやすくなります。
●保湿スキンケアを続ける(お肌のカサカサは悪化リスク)
●皮膚の炎症には、炎症を抑える外用剤を症状に合わせて用いる
●かゆみに対して、抗アレルギー剤を適宜内服する
以上の3つが治療のポイントになります。
じんましん
じんましん
蚊に刺された後のように、プクっと赤みのある膨疹が、皮膚のあちらこちらに現れて強いかゆみを伴います。ほとんどの場合、1時間から2時間ほどで症状は治まります。原因は食物、食品添加物、薬剤、植物、虫、日光、運動、発汗など様々です。基本的には抗アレルギー剤や内服薬で治療をしますが、補助的に他の薬を処方したり、稀にアレルギー検査をする場合があります。
脱毛症・円形脱毛症
脱毛症・円形脱毛症
毛髪は正常な状態でも毛周期と呼ばれる一定の毛髪サイクルを保ちながら、抜けては生えるを繰り返しています。何らかの原因で毛髪の抜け落ちる量が多くなる状態を脱毛症といいます。脱毛症には、前頭部や頭頂部の毛が抜けて薄くなる男性型脱毛症(AGA)や、部分的に丸っぽく抜けてくる円形脱毛症など、様々なタイプがあります。脱毛が起きる原因や毛包(実際に毛髪をつくる部分)がどの程度壊されているのかなど幾つかに分類されます。脱毛症の種類によって脱毛の仕方が異なります。当院では、採血などの原因検索も行い、脱毛症の種類を診断した上で治療にあたります。男性型脱毛症(AGA)では内服治療が効果的です。
にきび
にきび
にきびは、皮脂線から分泌された皮脂が毛穴につまり、毛穴の中で過剰に増殖したアクネ菌が炎症をおこして赤いブツブツができる疾患です。軽い症状を含めると、成人の約90%もの方が経験しているといわれています。自己流の間違ったケアで更に悪化させてしまうケースや、凹凸したにきび跡が残ってしまうケースも少なくありません。にきび跡に対しては劇的に効果のある治療法はないため、炎症がひどくなる前の早い段階から適切に治療することが重要です。
メニューへ戻る